ボッチャは見た目はシンプルですが、奥が深いスポーツ。

 

技と駆け引きにより実力の差は歴然としていきます。

 

今回はバウンドボールという跳ねるボールを紹介します。

 

壁を乗り越えるバウンドボール

ボッチャは真っすぐに転がすのが難しいスポーツですが真っすぐだけでは必ず実力は頭打ちになります。

 

今回のバウンドボールを紹介いたします。そのままですが跳ねるボールです。

動画で見た方が早い、というか動画でないと分かりにくいので実際にやって撮影しました。

赤の壁を乗り越えたのが分かりますでしょうか?

その壁を乗り越えて直接白ボールを狙うのがバウンドボールです。

 

このボールを知っていると勝率が上がります。

例えば5対6で自分が負けているとします。

 

自分の持ち球は残り2球。

転がすボールだけだと取れても1点です。同点になるだけ。

 

バウンドボールを知っていれば2点取って逆転もできるわけです。

「知っているか、知らないか」の差がこういうところで出てきます。

 

バウンドボールを投げるコツ

動画がそのままですが、壁となるボールの手前に投げると丁度よいです。

 

使用しているボールにもよりますが、どんなボールでも上から落とせばボール1個分は浮きます。

私は色んなボールを試しましたが、超硬い安物のボール以外は大丈夫でした。

 

練習でみなさん試してみてください。決まると気持ちいいですよ。

ボッチャをますます好きになること請け合いです。

 

私自身がそうだったのですが、ボッチャって単なる球寄せゲームと違うのです。

色んな種類の投球技術があって、駆け引きがある。

 

やればやるほど深さがあることが分かってきます。

それを知ったとき非常に嬉しかったのです。「知る喜び」「上手になる喜び」ってやつですね。

みなさんもぜひそれを知ってください。